緑寿庵陶翠「紫泥外縁隅入額入花図段足長方」

緑寿庵陶翠「紫泥外縁隅入額入花図段足長方」

販売価格はお問い合わせください。

お問い合わせ

緑寿庵陶翠

明治37年〜昭和52年 

本名・水野 正雄

植松陶翠(瀬戸物卸問屋)が瀬戸の陶工であった水野正雄と水野春松(兄)らと手を携えてオリジナル樹鉢・水盤等の作成に乗り出す。植松陶翠は意匠性に優れており、実際の製作・焼成は水野正雄・春松がおこなっていた。これが後の世に傑作として残る、陶翠鉢・陶翠水盤である。植松陶翠は昭和34年、60歳にして没した。その後、陶翠落款の押印は水野正雄に与えられ、陶翠鉢の製作が続けられることになる。

水野正雄は昭和40年、60歳を機に陶号を「緑寿庵陶翠」と改めた。非常に研究熱心で、仕事になると「鬼」になり、真剣勝負であった。

この鉢は、今から41年前に開催された日本万国博覧会(1970年3月14日〜9月13日)の記念に製作されたと言われる鉢と、同年代に製作された物だと思われます。

この鉢には、邪気を払い長寿を願って飾られる事から、吉祥紋様として喜ばれる菊が描かれており、縁起が良い図柄になっています。

菊の図柄も、紫泥に白釉で対比が美しく、活き活きと描かれています。側面の梅も飄々として洒落ています。

商品詳細

サイズ 間口14.5cm×奥行き11.5cm×高さ6.5cm

他の写真




















緑寿庵陶翠「紫泥外縁隅入額入花図段足長方」

販売価格はお問い合わせください。

お問い合わせ